過去の記事一覧

  • 相続 遺留分について

    遺留分とは、相続人の権利を守る為に定められている制度です。 被相続人が、被相続人の配偶者や子が今後の生活に困窮するような遺言書を遺した場合、相続人は遺留分減殺請求をする事ができます。 遺留分の侵害のケース…被相続人の配偶者や子が今後の生活に困窮するような遺言書を遺した場合 …

    悩みを抱える男女カップル
  • 相続権と相続人の廃除

    相続権というのは民法で定められた相続をする権利のことで、基本的には被相続人の配偶者と直系卑属が持っており、相続権を持つ人のことを法定相続人と言います。 従って法定相続人は民法の定めによって法的に相続をする権利を持っているわけですが、被相続人の意思と家庭裁判所の審判によって、相続…

    Fotolia_36044080_Subscription_Monthly_M
  • 相続放棄の手続き

    相続放棄とは、相続する財産に借金などの負の遺産があった場合に相続することを拒否するということです。 相続には、被相続人の財産や負債などを全て相続する単純承認と、全て受け継がない相続放棄、限定的に財産を相続する限定承認があり、通常は単純承認として相続が開始されます。 相続をする…

    Businessman refusing to take bribe
  • 相続の順位について

    民法に定められた相続をできる範囲内の人を法定相続人と言い、法定相続人には、被相続人との関係に応じて、相続をする権利に順位がつけられています。 この順位は、家族構成に応じてつけられるので、様々なケースがありますが、相続分の割合は配偶者と順位の上の人を最も優先して決定されます。 …

    Fotolia_33929734_Subscription_Monthly_M
  • 遺言書を作成するには

    遺言書とは、残された遺族に自分の意思を伝える為のものです。 遺言が無い場合には、遺産は民法に定められた方法(遺産分割協議、法定相続)に従って相続の方法を決めることになりますが、民法に定められた以外の方法で遺産の相続をさせたい場合には、自分の意思を相続人に伝える為に、遺言書を作成…

    Fotolia_53957003_Subscription_Monthly_M
  • 公正証書遺言とは

    公正証書遺言とは、公証人に作成してもらう遺言書の事です。 自筆遺言書のように、自宅等で手軽に作成できる遺言書に比べ、費用も手間もかかりますが、遺言書の中で最も確実に効力を発揮することのできる遺言書です。 公正証書遺言の特徴 ≪遺言作成時にアドバイスをしてもらえること≫ 公…

    Fotolia_68556412_Subscription_Monthly_M
  • 遺言状の書き方文例

    遺言書は、遺言書の内容によって書き方を工夫することが大切です。 特に法定相続以外の方法で相続をさせる場合には、相続人が納得できるような内容であることが大切です。 遺言書によって自分の死後、残された家族や親族が気持ちよく相続ができ、幸せに暮らしていけるような遺言書を作成しましょ…

    Fotolia_67376158_Subscription_Monthly_M
  • 自筆証書遺言とは

    自筆証書遺言とは、個人が自宅等で作成することのできる遺言書で、満15歳以上であれば誰でも作成することができますが、法的に効力を持つ遺言書にする為には、いくつかの要件を満たす必要があります。 自筆証書遺言を作成する際に守らなければならないこと ≪作成に使うものについて≫ 自筆…

    Fotolia_64690960_Subscription_Monthly_M
  • 遺言書の書き方のポイント

    自筆証書遺言を書く場合、法的な知識を持ってチェックしてくれる人がいないので、せっかく作成した遺言書が無効になってしまう恐れがあります。 また、相続させる財産にもれがあると、家族に争いをおこさせない為に遺言書を作成したにもかかわらず、争いの引き金になってしまうこともあります。 …

    Fotolia_53957010_Subscription_Monthly_M
  • 遺言能力

    法的に効力のある遺言書を作成するためには、民法に定められた方式に従って作成する必要がありますが、その前の大前提として、遺言書を作成するためには、その人に「遺言能力」が必要です。 では、「遺言能力」とは、どのようなものでしょうか? 簡単に言えば、「遺言の内容と結果を理解できる能…

    Fotolia_71211130_Subscription_Monthly_M

東京・神奈川周辺の
司法書士へ問い合わせ

045-439-5274

※管理者がご相談内容、地域に応じて、最適な司法書士をご紹介します。
ページ上部へ戻る