2015年 11月

  • 遺言はどのように解釈すべきか

    遺言による相続登記の依頼を受けるとき、まれに悩ましい文言の自筆証書遺言に遭遇することがあります。「相続させる」や「遺贈する」など、明確な文言で遺言が作成されていると良いのですが、「託す」や「任せる」など、遺言者がどのような意味でその言葉を使っているのか、はっきりと分からないことが…

    Fotolia_80957352_Subscription_Monthly_M
  • 預金解約と相続放棄

    被相続人の相続財産である預金を解約して葬儀費用を支払った後に、多額の相続債務が見つかった場合、相続放棄が可能か否かは難しい問題です。 民法第921条第1号では、相続人が相続財産の全部又は一部を処分したときは、保存行為等を除き、単純承認したものとみなすと規定していますので、相…

    Fotolia_68556412_Subscription_Monthly_M

東京・神奈川周辺の
司法書士へ問い合わせ

045-439-5274

※管理者がご相談内容、地域に応じて、最適な司法書士をご紹介します。
ページ上部へ戻る