遺言相続ナビ 運営者の記事一覧

  • 遺言状の書き方文例

    遺言書は、遺言書の内容によって書き方を工夫することが大切です。 特に法定相続以外の方法で相続をさせる場合には、相続人が納得できるような内容であることが大切です。 遺言書によって自分の死後、残された家族や親族が気持ちよく相続ができ、幸せに暮らしていけるような遺言書を作成しましょ…

    Fotolia_67376158_Subscription_Monthly_M
  • 自筆証書遺言とは

    自筆証書遺言とは、個人が自宅等で作成することのできる遺言書で、満15歳以上であれば誰でも作成することができますが、法的に効力を持つ遺言書にする為には、いくつかの要件を満たす必要があります。 自筆証書遺言を作成する際に守らなければならないこと ≪作成に使うものについて≫ 自筆…

    Fotolia_64690960_Subscription_Monthly_M
  • 遺言書の書き方のポイント

    自筆証書遺言を書く場合、法的な知識を持ってチェックしてくれる人がいないので、せっかく作成した遺言書が無効になってしまう恐れがあります。 また、相続させる財産にもれがあると、家族に争いをおこさせない為に遺言書を作成したにもかかわらず、争いの引き金になってしまうこともあります。 …

    Fotolia_53957010_Subscription_Monthly_M
  • 遺言能力

    法的に効力のある遺言書を作成するためには、民法に定められた方式に従って作成する必要がありますが、その前の大前提として、遺言書を作成するためには、その人に「遺言能力」が必要です。 では、「遺言能力」とは、どのようなものでしょうか? 簡単に言えば、「遺言の内容と結果を理解できる能…

    Fotolia_71211130_Subscription_Monthly_M
  • 遺言で出来ること

    遺言で出来ることは、どんなことでしょうか。遺言というと、遺産分けのことが頭に浮かびますが、その他にも出来ることがあります。 遺言でしか出来ないこともあれば、遺言でも出来て、かつ生前の行為によっても出来ることもあります。 遺言でしか出来ないこと 1.未成年後見人及び未成年後見…

    Fotolia_67400925_Subscription_Monthly_M
  • 遺言書の検認とは

    遺言書の検認とは、自筆証書遺言や秘密証書遺言の保存の確実化を目的として、家庭裁判所が行う検証手続きのことです。 自宅で、自筆証書遺言を発見した場合などに、検認手続きをせず開封してしまうと、過料に科せられる場合があります。 遺言書の検認の目的 遺言書の検認の目的は、検認後の遺…

    Fotolia_80957352_Subscription_Monthly_M
  • 遺言書が無効になるケース

    遺言書が無効になるケースとは、遺言書が法的な効力を持たない遺言書であると判断されるということで、無効になるケースには大きく分けて3つあります。 ひとつは自筆証書遺言の書式に不備があった場合、2つ目は相続人によって内容を修正された可能性がある場合、3つ目は遺言者に遺言能力がな…

    Fotolia_90149671_Subscription_Monthly_M
  • 遺言執行者とは

    遺言執行者とは、遺言の記載された内容を実際に執り行う人のことを言います。 遺言の執行には法的な手続きも含まれるため、遺言作成者があらかじめ法律の専門家に依頼しておく場合と、相続人が申し立てをして家庭裁判所に選任してもらう場合があります。 遺言執行者が執行する内容 遺言の内容…

    Fotolia_51192540_Subscription_Monthly_M

東京・神奈川周辺の
司法書士へ問い合わせ

045-439-5274

※管理者がご相談内容、地域に応じて、最適な司法書士をご紹介します。
ページ上部へ戻る