両親ともに亡くなり、兄弟姉妹で遺産を相続することになった際には、家族の状況や相続財産の内容によって、様々なトラブルが発生してしまうことがあります。

そのような事態を避け、兄弟姉妹が両親亡き後も仲良く暮らしていく為には、いくつかの気をつけたいポイントを押さえた上で、遺産分割協議を行い、円滑に遺産を分割することが大切です。

(1) 不動産の分割

465_1

最も多いと言われる遺産相続のトラブルの一つに、預貯金と違って、分割が難しい土地や家屋などの不動産の遺産相続があります。不動産の分割方法には4つの方法がありますので、相続財産の内容や家族の事情に合わせて、適切な方法を取ることが大切です。

  • 現物分割:土地や家屋を売却せず、土地を相続する相続人、銀行の預貯金を相続する相続人というように、現状の形のまま分割して相続する方法です。
  • 代償分割:法定相続分より多くの遺産を相続する相続人が他の相続人に代償金を支払う方法です。
  • 換価分割:土地、家屋などを売却し、現金を分割して相続する方法です。
  • 共有:土地、家屋などを共同名義で相続する方法です。

≪被相続人と一緒に相続人のうちの一人が同居していた場合に気をつけたいこと…適切な分割方法を見つけられないケース≫

相続する財産のほとんどが土地と家屋で遺産の取得を希望する相続人の人数分を満たすだけ預貯金がない場合、相続人それぞれの生活の事情や、言い分がありトラブルに発展してしまうことがあります。

例えば、被相続人が生前、介護が必要な状態であり、同居していた相続人が何年にもわたり面倒をみてきた、介護の為に離職した為収入が少なく、遺産分割の為に土地家屋を分割してしまうと、今後の生活が成り立たないという状況であれば、同居していた相続人には土地家屋をそのまま相続し住み続けたいという希望があり、その他の相続人には、土地家屋を売却して、遺産を分割してほしいという希望があるとトラブルになってしまいます。

このようなトラブルを回避する為には、遺言書が作成されていることと、常日頃から兄弟姉妹の間で、親の介護について話し合いをしておくことが大切です。

≪代償分割の具体的な例 被相続人が事業をしており、相続人のうちの一人が家業を継ぐケース≫

相続人のうちの一人が家業を継ぐ場合、家業に関わる不動産を売却することは難しいと思います。
このような場合には、家業を継ぐ相続人が、法定相続分と同等の金額を残りの相続人に分配することで、公平な遺産分割ができますが、この場合にも、兄弟姉妹間の意思の疎通をしておくことや、親の希望などをいざということがおこる前に確認しておくことが大切です。

(2) 不動産の共有名義

465_2

不動産を相続する際に、兄弟姉妹で共有名義として相続するという方法があります。共有名義にした不動産が更地であり、道路や周囲の環境、土地の広さなどの条件から、いつでも簡単に相続人の人数に合わせて分割、売却できるというような状況であれば問題はありませんが、分割して売るほどの面積はない、旗竿地である為、分割して売却することはできないというような場合には後々トラブルがおこる可能性があります。

更地の場合には、相続人のうちの一人が賃貸住宅を建てることを計画しても、全員が賛成しないと建てることができませんし、売却をしたい場合にも、相続人全員の同意が必要です。また、全員が賛成して資産運用の為に賃貸住宅を建設した場合には、物件の管理を共同でしていくことになるので、新たに様々な問題がおこります。

敷地内に建物があり、相続人のうちの一人が住んでいるというような場合には、さらにトラブルがおこりやすくなります。相続した不動産を共有名義にし、トラブルなく管理していく為には、専門家に管理を委託することが考えられます。

(3) 寄与分と特別受益

465_3

寄与分と特別受益も、明確な評価、判断が難しい為、遺産相続の際にトラブルの原因になることがあります。

→ 寄与分

寄与分とは、被相続人の仕事を手伝った、老後の面倒を見たなど、生前、被相続人に対して、寄与、貢献をした場合に法定相続分よりも多く与えられる遺産のことです。

寄与や貢献に関して、遺言に記されている、相続人全員が寄与分のある相続人の被相続人に対する寄与や貢献を認めているというような場合は問題がないのですが、遺言に記されていない場合や寄与分のある相続人の寄与や貢献を認めない相続人がいる場合には、トラブルになることがあります。

また、寄与分は法定相続人に対して認められる権利であるため、被相続人の子の配偶者が長年被相続人の介護をしていたとしても、寄与分は認められません。
その為、被相続人と被相続人のうちの一人が家族とともに同居していた場合は、特にトラブルがおこりやすくなってしまいます。

→ 特別受益

特別受益とは、生前に被相続人のから、結婚のお祝いに家を建ててもらった、海外への留学費用を出してもらったなどの理由で贈与を受けたことで、他の相続人との公平を図る為に、相続する遺産に、特別受益の額を加算した上で法定相続分に分割し、特別受益を受けた相続人の遺産からは特別受益分が差し引かれることになっています。

その他、特別受益には、生前に名義変更して借地権や借家権を承継しているケースや、親の建てた家を子が無償で使用しているケース、生命保険金、死亡退職金、遺族給付等の受け取りをしたケースも含まれます。

この特別受益に関しては、特別受益を受けた本人に自覚がない場合や、兄弟姉妹がそれぞれ特別受益を受けていたが、その金額に違いがあった場合などは、単純に特別受益分として遺産から差し引く額が算出できないことも多く、トラブルに発展してしまうことがあります。

また、被相続人が特別受益に関して特別受益の持戻しをしないという旨を遺言書に記していた場合には、特別受益の持戻しの免除が成立するので、特別受益を受けた相続人も他の相続人と同じだけの法定相続分を相続することができます。

寄与分や特別受益に関しては、評価や判断が難しい為、家族だけで話し合いをしても結論が出ない場合には、法律の専門家などの第三者に間に入ってもらうことも有効な解決方法の一つです。

(4) お墓の管理

465_4

兄弟姉妹が実家のある地域からは遠く離れて暮らしている場合、お墓や仏壇に関してもトラブルがおこることがあります。遺言書にお墓や仏壇に関して記してある場合にはその内容に従いますが、遺言がなかった場合には、祭祀財産を相続する人を決めます。

仏壇、位牌、墓石、墓地などの祭祀財産の相続は、今後親が取り仕切ってきたお墓の管理や、法要を引き継ぐということですが、お墓を処分するという選択肢もありますので、兄弟姉妹で話し合いをし、お墓の管理方法について決定する必要があります。

東京・神奈川周辺の司法書士へ問い合わせ

045-439-5274

※管理者がご相談内容、地域に応じて、最適な司法書士をご紹介します。

関連記事

東京・神奈川周辺の
司法書士へ問い合わせ

045-439-5274

※管理者がご相談内容、地域に応じて、最適な司法書士をご紹介します。
ページ上部へ戻る