遺産を分割協議が成立した後には、不動産、預貯金、有価証券など、相続した財産の登記・名義変更をする必要があります。名義変更には、たくさんの書類を必要とするので、しっかり揃えて取り掛からないと、二度手間、三度手間になってしまいますので、注意が必要です。

名義変更の方法と名義変更に必要な書類

≪不動産の名義変更≫

相続した不動産は、管轄ごとの法務局で所有権移転登記を申請し、名義変更、相続登記をする必要があります。相続登記に必要な書類は、登記申請書と不動産の固定資産評価証明書の他に、遺産分割協議書、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本、相続人全員の戸籍謄本と住民票等が必要です。

相続登記はいつまでにしなくてはならないという期限が決まっているわけではありませんが、いつまでも被相続人の名義にしておくと、将来的に相続人の間でトラブルが起こる可能性があるので、早めに相続登記をするようにしましょう。

≪銀行の預貯金の名義変更≫

銀行の口座は、原則として被相続人の死亡届が提出された時点で凍結されてしまうので、名義変更をすませるまで口座の解約や預金の払い戻しができません。従って、銀行の預貯金の名義変更には、相続人全員の同意があることを証明する書類が必ず必要となります。

基本的には、遺産分割協議書、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本、相続人全員の戸籍謄本と住民票が必要ですが、その他にも銀行によって提出を求めてくる書類があります。銀行で直接手続きをする相続人以外の相続人が作成した委任状や被相続人の通帳、預貯金証書、キャッシュカード等です。

銀行によって、名義変更に必要な書類の規定が違いますので、銀行に問い合わせ、書類を取り揃えてから出向くことがスムーズな名義変更に繋がります。

≪有価証券の名義変更≫

相続した株式などの有価証券は、名義変更をしないと、配当の支払いを受けることも、売却することもできませんので、遺産分割協議が成立した後には、名義変更をする必要があります。証券会社の口座を名義変更する為には、被相続人の死亡届、相続上場株式等移管依頼書、証券会社に出向いて直接手続きをする相続人以外の相続人が作成した委任状が必要です。

証券会社の場合銀行と違い、名義変更には、相続する人の名義で新講座を開設する必要があります。非上場会社の株式を相続した場合、名義変更の手続きの方法や必要な書類は、会社によって違いますので、相続した株式を発行した会社に問い合わせて、手続きの方法や必要な書類を確認する必要があります。

≪自動車≫

自動車は、相続人が使う場合だけではなく、売却する場合にも運輸支局で移転登録手続きをし、名義変更をする必要があります。被相続人と相続人の住所が違う場合は、移転登録手続きの前に車庫証明を受けてから、管轄運輸支局に名義変更申請をします。名義変更手続きには、移転登録申請書、自動車取得税・自動車税申告書、移転登録手数料納付書、車検証、車庫証明書、自動車旧ナンバープレート、譲渡証明書などが必要です。

東京・神奈川周辺の司法書士へ問い合わせ

045-439-5274

※管理者がご相談内容、地域に応じて、最適な司法書士をご紹介します。

関連記事

東京・神奈川周辺の
司法書士へ問い合わせ

045-439-5274

※管理者がご相談内容、地域に応じて、最適な司法書士をご紹介します。
ページ上部へ戻る