民法に定められた相続をできる範囲内の人を法定相続人と言い、法定相続人には、被相続人との関係に応じて、相続をする権利に順位がつけられています。
この順位は、家族構成に応じてつけられるので、様々なケースがありますが、相続分の割合は配偶者と順位の上の人を最も優先して決定されます。

法定相続人の順位

≪第一順位の法定相続人≫

第一順位の法定相続人は、直系卑属です。
直系卑属とは、被相続人の子のことで、養子、非嫡出子、胎児も含まれますが、再婚による連れ子で、被相続人が生前養子縁組の手続きをしていなかった場合には、直系卑属には含まれません。
子が死亡している場合には、孫、孫が死亡していた場合にはひ孫と無限に代襲相続されます。

≪第二順位の法定相続人≫

第二順位の法定相続人は、直系尊属です。
直系尊属とは、被相続人の父母のことです。
被相続人に子や孫などの直系卑属がいなかった場合に相続の権利が発生します。
被相続人の父母が亡くなっている場合には、祖父母に相続権が移ります。

≪第三順位の法定相続人≫

第三順位の法定相続人は、被相続人の兄弟姉妹です。
被相続人に子や孫などの直系卑属、父母や祖父母などの直系尊属がいなかった場合に相続の権利が発生します。
被相続人の兄弟姉妹が亡くなっている場合には、甥や姪に相続権が移り代襲相続されますが、直系卑属の場合と違い、甥や姪が亡くなっていた場合、甥や姪の子にまで代襲相続されることはありません。

相続人の順位による相続分の割合

相続分の割合は、常に配偶者と直系卑属が最も優先されますので、配偶者がいる場合と居ない場合では相続分の割合が変わります。

≪配偶者がいる場合の法定相続分≫

配偶者がいる場合には、第一順位の法定相続人である子と配偶者にはそれぞれ2分の1の法定相続分があります。
子が複数いる場合には、子の法定相続分を子の人数に合わせて均等に分割されます。
被相続人に子が無く、直系尊属である第二順位の法定相続人が相続する場合には、配偶者に3分の2、被相続人の父母、又は祖父母に3分の1の法定相続分があります。
父母や祖父母が夫婦そろっている場合には、3分の1の相続分がさらに2分の1ずつに分割されます。
第一順位、第二順位の相続人がいなかった場合は、第三順位の相続人に4分の1、配偶者に4分の3の法定相続分があり、甥や姪が複数いた場合には、人数に合わせて均等に分割されます。

≪配偶者がいない場合の法定相続分≫

配偶者がいない場合には、第一順位~第三順位までの順序は同じままで、それぞれの順位の人数に合わせて、全相続分が均等に分割されます。

東京・神奈川周辺の司法書士へ問い合わせ

045-439-5274

※管理者がご相談内容、地域に応じて、最適な司法書士をご紹介します。

関連記事

東京・神奈川周辺の
司法書士へ問い合わせ

045-439-5274

※管理者がご相談内容、地域に応じて、最適な司法書士をご紹介します。
ページ上部へ戻る