自筆証書遺言とは、個人が自宅等で作成することのできる遺言書で、満15歳以上であれば誰でも作成することができますが、法的に効力を持つ遺言書にする為には、いくつかの要件を満たす必要があります。

自筆証書遺言を作成する際に守らなければならないこと

≪作成に使うものについて≫

自筆証書遺言は、必ず自筆で書くことが絶対的な条件です。
万年筆、ボールペン、筆など、筆記用具に対する規定はありませんが、パソコンなどを使用して作成することはできません。
また、使用する紙に関しても、特定の用紙があるわけではなく、サイズや紙の種類にも規定はありません。

≪記載する内容について≫

遺言書に記載する内容は自由です。
相続させる財産についてだけではなく、家族への感謝の気持ちや、自分の死後どのように暮らしてもらいたいと思っているかなど、自分の心情を伝える内容を書き込むこともできます。
ただし、遺言書を作成した年月日、遺言者の署名、押印のどれか一つでも欠けているものがあれば、法的な効力のある遺言書にはなりません。年月日は、平成○年○月○日と記載します。平成○年○月と日を記載しなかったり、平成○年○月吉日と記載してしまうと、遺言が無効になってしまいます。

≪訂正について≫

遺言書を作成した後に、記載内容を訂正する場合には、定められた方式に従って訂正する必要があり、訂正の方法に不備があると、訂正した内容は無効になってしまいます。
訂正の方法は、削除したい箇所には訂正前の内容が判読できるように注意して二重線を引き、加筆したい箇所には加入位置に記号を入れて加筆し、訂正した箇所に証明押印した印鑑と同じ印鑑で押印した後、訂正箇所の欄外、又は遺言書の末尾に訂正箇所についての記述を付け加え、署名します。

≪封の方法≫

自筆証書遺言は、封筒に入れても紙のままでもどちらでも構いませんが、封入する場合には注意が必要です。自筆証書遺言は家庭裁判所の検認を受ける必要がある為、相続人が開封することはできないからです。
遺言者の死後、封入した封筒が見つかった場合、もし封筒に何も書かれていなければ、遺言書であることがわからず、相続人が検認の前に封筒を開けてしまう恐れもありますので、封入する場合には、必ず封筒に遺言書である旨を記述しておくことが大切です。
反対に、遺言書を封入し封印しておくことで、遺言書の改ざんを避けることができます。

≪遺言書が2枚以上になった場合のまとめ方≫

遺言書が2枚以上になった場合にはホチキスでまとめ、1枚目と2枚目の紙を並べて、署名押印した印鑑と同じ印鑑で割り印をします。

自筆証書遺言の特徴

自筆証書遺言は、自宅で誰の手も借りずに作成することができるので費用がかからないこと、遺言書の内容を秘密にできること、手軽に訂正したり、作成しなおしたりできることという特徴がありますが、自分の死後、遺言書を開封し、遺言書の内容を実行する為には、家庭裁判所の検認手続きを受ける必要があるので、残された家族にとっては手間のかかる遺言書であることに加えて、書類上の不備があると無効になってしまう、自分の死後、家族が発見できない、相続人によって破棄されたり、改ざんされたりするといった恐れがある遺言書とも言えます。

東京・神奈川周辺の司法書士へ問い合わせ

045-439-5274

※管理者がご相談内容、地域に応じて、最適な司法書士をご紹介します。

関連記事

東京・神奈川周辺の
司法書士へ問い合わせ

045-439-5274

※管理者がご相談内容、地域に応じて、最適な司法書士をご紹介します。
ページ上部へ戻る