遺言書は、遺言書の内容によって書き方を工夫することが大切です。
特に法定相続以外の方法で相続をさせる場合には、相続人が納得できるような内容であることが大切です。
遺言書によって自分の死後、残された家族や親族が気持ちよく相続ができ、幸せに暮らしていけるような遺言書を作成しましょう。

法定相続権のある配偶者、又は配偶者と子に遺産を相続させる場合

この場合には、配偶者に2分の1、子に2分の1の法定相続分が定められているので、その通りに相続させるのであれば、トラブルはほとんど起こりません。

どのように財産を分割するかというようなことを記載するのに加えて、配偶者と子どもに対する感謝の気持ちなど、遺言者の心情などを書き綴ることもできます。


遺言書

(1)○○○○(遺言者の氏名)は、妻△△△△(妻の生年月日)に、○○○○の所有する下記の不動産を相続させ、また、預貯金を除く一切の財産を相続させる。
→子がいない場合には「すべての財産を相続させる」、「一切の財産を相続させる」と記載し、子がいる場合はこのように相続させる財産別に記載します。

① (所有している土地について記載します)
所在 登記簿に記載されている所有地の所在地
地番 登記簿に記載されている所有地の番地
地目 宅地など登記簿に記載されている地目
地積 登記簿に記載されてい地積

② (所有している家屋について記載します。)
所在 登記簿に記載されている家屋の所在地
家屋番号 登記簿に記載されている家屋の番地
種類 居宅など登記簿に記載されている種類
構造 木造瓦葺2階建など登記簿に記載されている構造
床面積 1階と2階 それぞれの登記簿に記載されている床面積

(2)

○○○○(遺言者の氏名)は、長女△△△△(長女の生年月日)に、○○○○の所有する○○○○名義の預貯金のすべてを相続させる。
→子が複数いる場合は、それぞれの子に相続させる財産ごとに記載します。
① 通常貯金・銀行預金
郵便局、銀行など、それぞれの口座について、郵便局名、銀行名、支店名、口座番号などを記載します。

この遺言の執行者として次のものを指定する。(遺言執行者を指定しない場合は必要ありません。)
遺言執行者に指定する人の住所と氏名と司法書士などといった肩書
———————–

家族に対する思いをつづりたい場合は、今までの感謝の気持ちや残された家族が力を合わせて幸せに暮らしていって欲しいというようなことを書きましょう。

最後に年月日、住所、氏名を記載し、押印します。

非嫡出子を遺言書によって認知し、財産を相続させたい場合

生前認知することのできなかった非嫡出子を遺言書によって認知し、相続させることができますが、遺言執行者でなければ遺言を執行することができないので、遺言執行者をしておくことがスムーズな認知の手続きに繋がります。

———————–

遺言書

○○○○(遺言者の氏名)は、次の通り遺言する。

○○○○(遺言者の氏名)は、××××(非嫡出子の氏名)(非嫡出子の本籍地)(非嫡出子の生年月日)を子どもとして認知する。
→非嫡出子が未成年である場合には、法定代理人として非嫡出子の母親の氏名と本籍、住所を記載します。

○○○○(遺言者の氏名)は、××××(非嫡出子の氏名)に以下の財産を相続させる。
相続させる財産の内容について記載します。

この遺言の執行者として次のものを指定する。(遺言執行者を指定しない場合は必要ありません。)
遺言執行者に指定する人の住所と氏名と司法書士などといった肩書
———————–

最後に年月日、住所、氏名を記載し、押印します。

東京・神奈川周辺の司法書士へ問い合わせ

045-439-5274

※管理者がご相談内容、地域に応じて、最適な司法書士をご紹介します。

関連記事

東京・神奈川周辺の
司法書士へ問い合わせ

045-439-5274

※管理者がご相談内容、地域に応じて、最適な司法書士をご紹介します。
ページ上部へ戻る