遺言書の検認とは、自筆証書遺言や秘密証書遺言の保存の確実化を目的として、家庭裁判所が行う検証手続きのことです。
自宅で、自筆証書遺言を発見した場合などに、検認手続きをせず開封してしまうと、過料に科せられる場合があります。

遺言書の検認の目的

遺言書の検認の目的は、検認後の遺言書の変造などを防止して、遺言書の状態を検認時点において確認し、遺言書の状態を保存することです。よく、検認を受けると遺言書の効力が発生すると勘違いする人がいますが、検認は遺言の効力を確定するためのものではありません。検認を受けたとしても、遺言が定められた方式に従っていない場合などは、遺言書の効力を生じません。なお、遺言書の検認手続きでは、全ての相続人に検認する旨の通知がなされますので、遺言書の検認には、全ての相続人に対して遺言の存在とその内容が告知されるという副次的目的もあります。

自筆証書遺言

自筆証書遺言とは、遺言者本人が作成する遺言書のことです。
用紙や筆記用具に関する決まりはありませんが、必ず筆記用具を使って自書することが必要です。パソコンなどで印刷したものは自筆証書遺言となりませんので注意が必要です。遺言者は、遺言書の全文と作成日付及び氏名を全て自筆で書く必要があり、氏名の横には印鑑を押します。なお、印鑑は認印でも形式的には大丈夫ですが、後日の紛争を避けるためには実印の押印が望ましいでしょう。また、封筒に入れて封印することは必ずしも必要ではありませんが、通常は封筒に入れ封印するのが一般的です。
また、自筆証書遺言の記載を訂正する場合には、①訂正した箇所に押印し・②遺言書の余白に訂正した箇所を書き示して・③その箇所を変更した旨を記載し・④署名しなければなりません。例えば、佐藤太郎さんが遺言書を書いた時に、遺言書の二行目に「田中一郎」と書いたものを「鈴木花子」と訂正したい場合には、田中一郎の文字を二重線などで消してその上に「鈴木花子」と書き、その箇所に遺言書に押した印鑑と同じ印鑑を押します。そして、遺言書の欄外に「二行目中4文字を削除し4文字を加入した 佐藤太郎」と書きその横に印鑑を押す必要があります。このように自筆証書遺言の訂正方法はかなり厳格ですので、書き間違えた場合には、もう一度初めから書き直すほうが無難だと言えます。
自筆証書遺言は、必ず、家庭裁判所の検認が必要です。

秘密証書遺言

秘密証書遺言とは、遺言者本人が作成した遺言書を封筒に入れて封印したうえで、公証役場に提出して、公証人と証人二人以上がその封筒に署名押印して作られる遺言書です。遺言書の内容が他人に知られないことから秘密証書といわれます。
秘密証書遺言は、自筆証書遺言と違い、全文を自書する必要はありません。パソコンで作ることも可能です。
ただ、遺言書を作成するのは遺言者であり、他の誰も作成当初の遺言書の状態を確認していませんので、遺言者が死亡した後に、遺言書が変造されてしまう恐れがあります。そこで、秘密証書遺言も自筆証書遺言と同様、家庭裁判所の検認手続きが必要となります。
よく、秘密証書遺言には公証人の署名押印があるのだから検認は必要ないと思っている方がいますが、公証人は遺言者から提出された「封印された遺言書」について、遺言者が封筒に入れた遺言書である旨を証明したにすぎず、その遺言書に書かれた内容を確認した訳ではありません。内容を誰も確認していない以上、後日変造されても、変造があったか否かが判明しません。そこで、検認というプロセスを踏んで、遺言書が作成された時の状態を確定する必要があるのです。

具体的な検認手続きの方法

故人から遺言書を託され保管していた人、又は遺言者が亡くなった後に遺言を発見した人が、遺言者の最後に住んでいた住所地を管轄する家庭裁判所に遺言書の検認の申し立てをします。

裁判所の場所や連絡先は、裁判所のホームページや、市町村の役場で確認できます。
→ 裁判所の管轄区域

申し立てには、裁判所の定めている書式に従った申立書、故人の出生時から死亡時までのすべての戸籍謄本、相続人全員の戸籍謄本が必要です。
相続人が遺言者の直系卑属である場合で、遺言者より先に直系卑属が亡くなっている場合には、亡くなった直径卑属の出生から死亡までのすべての戸籍謄本も必要です。
また、相続人が遺言者の直系尊属や兄弟姉妹の場合には、先順位の相続人の死亡が判明する戸籍謄本などが必要となりますので、詳しくは専門家に相談するとよいでしょう。

検認の申立後、家庭裁判所が相続人全員に検認期日を連絡しますので、指定された日時に遺言書を持参して家庭裁判所に出向き、遺言書の検認をしてもらいます。なお、相続人のなかには指定された期日に裁判所に行けない人もいますが、全員が揃わなくても検認は行われます。
検認後には、検認済証の遺言書を渡されますので、その後、検認済遺言書を用いて各種手続きを行うことになります。

東京・神奈川周辺の司法書士へ問い合わせ

045-439-5274

※管理者がご相談内容、地域に応じて、最適な司法書士をご紹介します。

関連記事

東京・神奈川周辺の
司法書士へ問い合わせ

045-439-5274

※管理者がご相談内容、地域に応じて、最適な司法書士をご紹介します。
ページ上部へ戻る